外来の看護師求人に強い転職サイトは?

外来の看護師が大変だと思う6つのこと

外来の看護師が大変だと感じることは何があるでしょうか?

外来の看護師って、楽なイメージがあるけど、大変なこともあるの?
外来の看護師さんは、どんなことが大変だと思うのかしら?

「外来=楽な仕事」と思っている看護師さんもいるかもしれませんが、そんなことはありません。外来は想像以上に大変なことが多いんです。外来の看護師が大変だと思うことをまとめました。

外来の看護師が大変だと思うこと=忙しい!

外来の看護師が大変だと思うことの1つ目は、忙しいことです。

外来の看護師って、楽に働けそうなイメージがあったのに、忙しいの!?

外来の看護師は、たくさんの患者さんを相手にして働かなければいけません。1人1人の患者さんにゆっくりじっくり関わっている時間は、残念ながらありません。

ドンドン患者さんの診療を進めていかなければ、仕事が終わらないのです。診療をスムーズに進めることを意識して、目まぐるしく仕事をしなければいけないので、病棟とはまた違った忙しさがあります。

確かに、時々外来に用事で行くと、看護師さんたちはいつも忙しそうね。
たくさんの患者さんを待たせていると思うと、焦ってしまいそうです。
外来ならゆっくり働けると思ったのになぁ。

外来の看護師が大変だと思うこと=クレームが多い

外来の看護師が大変だと思うことの2つ目は、クレームが多いことです。

はぁ?クレーム?モンスターペイシェントが多いってこと?そんなのやだ~!

外来は病棟よりもクレームが多めになるんです。

なんで外来はクレームが多いんだろう?

外来はクレームが多い理由は2つあります。1つ目は、患者さんが元気なことです。患者さんが元気と言うと、ちょっと語弊がありますが、入院している患者さんよりは元気なので、クレームを言う気力があるのです。

そして、2つ目の理由は待ち時間が長いことです。外来はどうしても待ち時間が長いですよね。予約診療だとしても、待ち時間がゼロというわけいきません。

30分待ち、1時間待ちは当たり前です。そして、外来の患者さんは入院している患者さんよりは元気といえども、基本的には体調不良です。

体調が悪い中で待たされれば、イライラしますよね。そのため、少しのことでもクレームが入るのです。

なるほどね。

そして、そのクレームを受けるのは、看護師です。外来の看護師は忙しく働きつつも、クレーム対応をしなければいけないので、とても大変なんです。

クレーム対応かぁ。大変そうだなぁ。そんな患者さんには、私がクレームを言いたいよ。
私は、そんなあなたにクレームを入れたいわ。

外来の看護師が大変だと思うこと=他部署のヘルプをしなければいけない

外来の看護師が大変だと思うこと3つ目は、他部署のヘルプをしなければいけないことです。

他部署のヘルプって何だろう?

病棟では、基本的に自分の病棟以外で働くことはありませんよね。でも、外来では消化器内科担当なのに、

今日は人手が足りないから眼科に行って!

とか

救急外来にヘルプに行って!

のように自分が配属になっている診療科以外の外来にも手伝いに行かなければいけないことがあるのです。

「外来」といっても消化器内科と眼科、救急外来では、全然仕事内容が異なります。必要とされる知識や技術も違います。

そのため、外来の看護師は幅広い知識や技術と臨機応変に対応できる柔軟性が求められるので、大変なのです。

うわ~、大変そう。
でも、頑張れば、幅広いスキルを身につけられそうですね!

外来の看護師が大変だと思うこと=短時間で看護をしなければいけない

外来の看護師が大変だと思うことの4つ目は、短時間で看護をしなければいけないことです。

短時間での看護って、何が大変なの?サクッと終わって楽そうなのに。

外来での看護は、病棟のように経過を見て、それを踏まえて看護ができるわけではありません。その場での症状を見て、即座にアセスメントをして、看護をしなければいけないのです。

また、情報収集も時間をかけてゆっくり行えるわけではありません。短時間で効率的に行わなければけないのです。

そのため、外来の看護師は高いスキルを要求されますし、限られた時間の中で適切な看護をしなけばいけないので、大変なのです。

外来って高い看護スキルが要求されるのね。外来の仕事って、知れば知るほど楽しそうだわ。

外来の看護師が大変だと思うこと=意外と残業が多いこと

外来の看護師が大変だと思うことの5つ目は、意外と残業が多いことです。

えぇ!?残業が多いの?

外来によっても異なりますが、外来=残業なしというわけではありません。受付終了間際に患者さんが押し寄せることもありますし、急患が来ることもあります。

一般外来は終わっても、救急外来は24時間空いていますし、心カテ室やCT室、レントゲン室などは、診療時間に関係なく対応しなければいけません。

そのため、「外来=残業がない」と思いきや、実は残業をしなければいけないこともあるので、大変なのです。

なんかさぁ、外来って「楽々詐欺」な気がする。楽な仕事と思わせて、実は大変みたいな。
外来=楽と思っていたのは、あなただけだと思うんだけど。

外来の看護師が大変だと思うこと=病棟との連携・連絡

外来の看護師が大変だと思うことの6つ目は、病棟との連携・連絡です。外来から緊急入院がある時には、病棟に一報を入れて、いつ頃入院になるのかなどを打ち合わせる必要があります。

私、外来からの「入院になります」っていう電話連絡が、この世で一番嫌いな電話だな。

そうなんです。病棟の看護師さんにとっては、外来からの緊急入院は、歓迎できないことなのです。

そのため、外来の看護師さんは緊急入院の打ち合わせをする時には、いろいろ気づかいをしなければいけませんし、時には病棟の看護師さんから嫌味を言われることもあるんです。

今忙しいんですけど!無理です!

と言われてしまうこともあります。そういう時でも、上手く交渉して、入院させなければいけません。

患者さんは入院が必要ですし、外来で待たせておくわけにもいきません。さらに、主治医からは、医師に「何でまだ入院させないんだ!」と言われてしまいます。

外来看護師は気づかいや交渉力が必要で、板挟みのようになってしまうこともあるので、大変なんです。

これは、反省するわ。これからは、外来看護師さんにもっと優しくしよう
そうですね!これからは「入院ですか?いつでも良いですよ」って言えるように頑張ります!

まとめ

外来の看護師が大変だと思うことをまとめましたが、いかがでしたか?外来の看護師さんは、楽な仕事だと思われがちですが、実は大変なことがたくさんあるのです。ただ、大変なことが多い分、やりがいを感じられる職場でもあります。

外来で働いてみたいと思った看護師さんは、転職サイトを使って外来の求人を探しましょう。転職サイトなら、担当コンサルタントに相談しながら、あなたに合った外来の求人を見つけることができるんです。

転職サイトランキングを見る