外来の看護師求人に強い転職サイトは?

外来の看護師求人を選ぶ時の7つの注意点 - これからは外来で働こう!

外来の看護師求人を選ぶ時には、どのようなことに注意すると求人選びに失敗せずに済むのでしょうか?

外来で働きたいと思っている看護師さんは、これを読んでから求人探しをしてください。

外来の看護師求人選びの注意点=土日は休みなのか

外来の看護師求人を選ぶ時の注意点1つ目は、土日休みなのかです。

え?外来って土日が休みじゃないの?
確かに。外来って、土日休みのイメージがあるよね。

外来は、日曜日と祝日はお休みになります。でも、土曜日は必ずお休みとは限らないのです。土曜日も外来診療をしている病院は意外とたくさんあるんですよ。

え~!だまされた気分だなぁ。
確かに!土曜日も働くなら、子育てとの両立も厳しいかもね。

でも、土曜日に診療しているかどうかは、病院によって異なります。土曜日は毎週診療している病院もあるし、隔週で診療しているところ、土曜日は完全に休みのところといろいろあるんです。

また、土曜日は午前中だけ診療していて、午後は休診としているところもあります。

午前中だけ診療ってことは、半日勤務ってこと?

そうです。土曜日に午前中だけ診療している場合、土曜日に2回出勤しても、実質は1日分の勤務+1日休みとしてカウントされます。そのため、通勤に時間がかかる人はちょっと効率が悪いかもしれませんね。

このように外来は、土日祝日がお休みの場合もありますが、全ての病院の外来がそうとは限りません。

土曜日が休みかどうかは、プライベートの充実に大きく関係してきますので、土日は絶対に休みたい看護師さんは、求人選びの時に土曜日が休みかどうかは必ずチェックしてください。

外来なのに土曜日に働かなくちゃいけないなんて、絶対に嫌!土曜日に診療している外来なんて、完全に詐欺よね!
詐欺はさすがに言い過ぎよ。でも、気持ちはよくわかるわ。

看護師の外来求人選びの注意点=救急外来も担当するのか

そういえば、外来って救急外来も含まれると思うんだけど。

看護師が外来求人を選ぶ時には、救急外来も担当するのかを確認しましょう。救急外来も外来に含まれます。ただ、この救急外来の立ち位置は、病院によって違うので、確認が必要です。

立ち位置が違うってどういうことかしら?

救急外来は、救急部門の1つとして救命救急センターに付属している形だったり、一般外来とは違う部署として扱っている病院があります。ただ、一般外来の1つとして扱っているところもあるのです。

救急外来を一般外来とは違う部署として扱っている病院では、救急外来は救急外来専門の看護師が配属されます。

でも、一般外来の1つとして救急外来を扱っている病院では、一般外来を担当する看護師が交代で救急外来も担当することになるのです。

そのような病院の外来で働くと、一般外来でいわゆる普通の外来業務をしたかった看護師さんは救急外来も担当することになり、

え?こんな仕事もしなくてはいけないの?無理なんだけど!

ということになってしまうのです。しかも、救急外来は夜勤があったり、当直制だったりしますので、日勤のみで働くのは難しくなってしまいます。

そのため、外来の求人を選ぶ時には、救急外来を担当することになるのかどうかを必ず確認しなければいけません。

救急外来で働くこともできるんですね!ちょっと興味があるなぁ。でも、夜勤がネック。
そうね。私も、救急外来には興味があるけど、子育てとの両立がきつそうだから、諦めるしかないかな。
私は救急外来に興味はありません。だって、忙しそうだし、大変そうですもん。一般外来一択ですね!

外来の看護師求人選びの注意点=どこに配属になるか

外来の看護師求人を選ぶ時には、どこに配属になるのかを確認しておきましょう。

外来の求人を選ぶんだから、外来に配属になるでしょ?

確かに、外来の求人を選べば、外来に配属になることは間違いありません。ただ、外来といっても、実はとても幅広いことを知っていますか?

外来が幅広いってどういうことだろう?

例えば、先ほども説明しましたが、救急外来も外来部門の1つになります。一般外来と救急外来では、仕事内容や勤務体制が全く違いますよね。

また、レントゲン室やCT室、MRI室も外来になりますし、心カテ室も外来です。また、人工透析室や化学療法室も外来の1つに分類されますね。

このように外来といっても、一般外来だけではなく、いろいろ幅広いのです。

レントゲン室やCT室などでは、外来の中でも力仕事が多いですので、体力的に大変かもしれません。また、心カテ室や透析室、化学療法室では専門的なスキルが必要になります。

そのため、外来の求人を選ぶ時には、必ずどこに配属になるかを確認するようにしましょう。

化学療法室とか心カテ室は、キャリアアップの可能性がありそう!興味あるなぁ。
確かにそうですね。看護スキルも身につけられそうです。
私はひたすら楽なところが良いなぁ。救急外来とか心カテ室とかに配属になったら、逃げ出したくなっちゃう。
もっとやる気を出しなさいサボ子!あなたがそんなにやる気がないと、私の管理能力が疑われるじゃない!

外来の看護師求人選びの注意点=参加すべき研修の頻度

外来の看護師求人選びの注意点、4つ目は参加すべき研修の頻度です。

研修は多い方が、スキルアップできるから良いんじゃないの?
私は少ない方が良いなぁ。

外来への転職を希望している看護師さんは、子育てや家事と仕事を両立したいという看護師さんが多いと思います。

それなのに、勤務後に強制参加の研修がたくさんあったらどうでしょうか?

保育園や学童保育のお迎えに間に合わない!

そうなんです。研修がたくさんあると、子育てと仕事の両立が難しくなるんです。

確かに、研修が多いとスキルアップできるのですが、状況によっては研修が多すぎると、働きにくくなってしまう看護師さんが多いんです。

そのため、外来の求人を選ぶ時には、研修の頻度を確認しておく必要があります。研修の頻度は、病院によって異なります。

大学病院のような大病院の場合は、外来でも研修がたくさんありますが、個人病院だとほとんど研修はないと思います。

外来で働きつつも積極的にスキルアップしたい人は研修が多いところを、子育てや家事と両立を優先したい人は研修が少なめの外来の求人を選ぶと良いでしょう。

研修の頻度、これは盲点だったしすごく大切なことかも!
うんうん、確かに大切ですね!研修が多いときついですし!
Cちゃんママは子育て中だからわかるけど、サボ子先輩は楽したいだけじゃん…

外来の看護師求人選びの注意点=残業時間はどのくらいか

外来の看護師求人選びをする時には、残業時間を確認しておきましょう。

え~!外来って残業があるの?イメージと全然違うんだけど~。

みなさん、外来は残業時間が少ないというイメージを持っていると思います。確かに、一般病棟に比べると、外来の残業時間は少ないと思います。でも、外来によってはゼロというわけではないんです。

どんな外来だと残業が少ないのかしら?逆に多い外来はどんなところだろう?

残業が少なめの外来は、大病院の一般外来です。大学病院や大きな総合病院の外来は、基本的に紹介状がないと受診することができません。

また、初診は午前中に限定していることが多いですよね。そのため、予約診療が多いので、そこまで残業が多くないのです。

でも、一般病院の外来はいつでも誰でも受診できますので、受付時間終了ギリギリに患者さんがドッと押し寄せることもあります。そのため、残業が発生する可能性が高いのです。

また、大病院でも心カテ室やCT室なども、救急搬送や病棟での急変などで緊急の患者さんが来る可能性がありますので、残業することもあります。

なるほど~。残業したくないなら、大きめの病院が良いのね。
私も大病院の外来が良いですね。残業していたら、デートとか遊びに行けないもん!

外来の看護師求人選びの注意点=緊急入院の頻度・件数

外来の看護師求人選びの注意点、6つ目は緊急入院の頻度や件数です。

病棟勤務なら緊急入院は関係あるけど、外来でも関係あるのかな?
そうだよね。入院は病棟にするんだから、外来は関係ないでしょ?

外来の求人選びをする上で、緊急入院の頻度や件数はとても大切なんですよ。緊急入院は、どうやって決まるかを考えれば、わかると思います。

あ!外来を受診して、そのまま入院になることが多いわね。

そうなんです。外来を受診後にそのまま緊急入院になることは、珍しくありません。そういう場合、忙しくなるのは病棟の看護師だけではありません。外来の看護師も忙しくなります。

入院が決まったら、病棟に連絡を入れ、必要な手続きをし、患者さんや家族に説明をして、病棟に患者さんを連れていき、病棟の看護師さんに申し送りをしなければいけません。

そのため、緊急入院の頻度や件数によっては、外来の看護師はとても忙しくなるんです。場合によっては、残業が増えるかもしれませんね。

外来の求人を選ぶ時には、緊急入院の頻度や件数を調べておくと良いと思います。

緊急入院ゼロのところが良いなぁ。
そんな外来あるんですかね?
眼科とか皮膚科とかは、緊急入院が少なそうよね。
Cちゃんママ先輩、ナイスアイデアです!

外来の看護師求人選びの注意点=急な休みは取れるのか?

外来の看護師求人選びの注意点の7つ目は、急な休みは取れるのかどうかです。

子育てしていると、子どもの病気とかで休まなくちゃいけない日があるのよね。
私は二日酔いで休みたい日があります。

外来の看護師さんは、Cさんのように子育てと仕事を両立させながら働いている人が多いんです。子どもは突然熱を出すことが多いですよね。そういう時は、やっぱり仕事を休んで看病しなければいけません。

でも、職場の環境によっては、あなた1人が休んだら職場が回らないということもあると思います。

そのような外来に転職してしまうと、

子供が病気なのに休めない。でも、子どもを預けるところもない。どうしよう。

ということになってしまうのです。

ですから、外来の求人を選ぶ時には、子どもの病気などやむを得ない事情の時は休むことができるどうかを確認しておきましょう。

これは、「子の看護休暇」などの制度があるかどうかを調べるだけでは不十分です。実際に、そのような理由で休めるのかを確認してください。

突然でも休める外来は、職場の規模が大きく、外来で働いている看護師の人数が多くて、さらにママさん看護師が多いようなところです。

そういう職場は1人が休んでも、他の人でカバーできますし、「お互いさま」の精神がありますので、子育てしながらでも働きやすいと思います。

子どもってすぐに熱を出すから、どうしても必要な時には休めるところが良いわよね。
私ってすぐに二日酔いになるから、どうしても必要な時には休めるところが良いです。

まとめ

外来の看護師求人を選ぶ時の7つの注意点をまとめましたが、いかがでしたか?外来というと一般外来のイメージがありますが、外来はそれだけではありません。

外来で働きたい看護師さんは7つの注意点を確認してから、求人を選ぶようにしましょうね。

7つの注意点をきちんと調べながら求人を選ぶなら、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、担当コンサルタントが調べてくれますので、希望に合った外来の求人を選ぶことができるんです。

転職サイトランキングを見る