外来の看護師求人に強い転職サイトは?

循環器内科外来の看護師|役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点

循環器内科の外来の看護師は、どんな役割があるんだろう?
循環器内科外来で働きたいなら、どんな求人を選ぶと良いのかしら?

循環器内科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。循環器内科外来で働いてみたい人は、ぜひ参考にしてください。

循環器内科外来の看護師の役割について

循環器内科外来の看護師って、どんな仕事をするんだろう?ほかの診療科の外来とは何か違うのかな?

循環器内科外来の看護師の役割について説明していきます。循環器内科外来では、どんな仕事をするのでしょう?

診療や検査の介助

循環器内科外来の看護師の役割の1つ目は、診療や検査の介助です。これは、ほかの診療科の看護師と同じような役割になりますね。

診察室に案内して、医師の診察の介助をします。また、循環器内科外来では、病院によっては検査室ではなく外来で12誘導心電図の検査をすることもあります。

そのため、循環器内科外来の看護師は、12誘導心電図をスムーズに正確に取れるようにならなければいけません。

心臓カテーテル検査の患者の対応

循環器内科外来の看護師の役割の2つ目は、心臓カテーテル検査の患者の対応です。病院によっては、日帰りで心臓カテーテル検査を行っているところがあります。

来院した患者に病衣に着替えてもらって、バイタルサインをチェックし、ラインを確保して、問診を行います。その後は、心カテ室へ案内します。

心臓カテーテル検査が終わったら、点滴が終了するまで安静にしてもらい、バイタルサインをチェックしたり、何か異常が起こった時の対応を行います。

心臓カテーテル検査を受ける患者は、不安が大きいので、精神的なケアをすることも循環器内科外来の看護師の重要な役割になります。

心臓カテーテル検査の介助

循環器内科外来の看護師は、心臓カテーテル検査の介助をすることもあります。病院によっては、心カテ室専門の看護師がいることもありますが、循環器内科外来の看護師が交代で行うこともあります。

診察や検査の介助、心臓カテーテル検査の患者の対応、心臓カテーテル検査の介助が循環器内科外来の看護師の役割なのね。

循環器内科外来の看護師のメリット

循環器内科外来で働くメリットには何があるのかな?

循環器内科外来の看護師のメリットには、どんなものがあるのかを説明していきます。

外来でも専門性の高い医療に携わることができる

循環器内科外来の看護師のメリットの1つ目は、外来でも専門性の高い医療に携わることができることです。

外来では基本的には診療の介助が、看護師の主な仕事になりますよね。でも、循環器内科では、心臓カテーテル検査という専門性の高い治療に携わることができますので、外来で働きながらも、高い専門性を身につけて、スキルアップしていくことができるのです。

精神的なケアを経験できる

循環器内科外来の看護師のメリットの2つ目は、精神的なケアを経験できることです。循環器内科は心臓疾患を治療する診療科です。

心疾患を抱えている患者さんは、「このまま死んでしまうかも?」などの不安を抱えています。特に、日帰りの心臓カテーテル検査を行う患者は「心臓にカテーテルを入れるなんて、大丈夫なんだろうか?」などの心配や不安でいっぱいになっています。

日帰りの心臓カテーテル検査は朝から夕方までかかりますので、外来の中でも患者さんと接する時間が長いため、外来でも患者さんの精神的なケアをしっかり行えるのです。

循環器内科外来では専門性の高い医療に携われて、精神的なケアができることがメリットなのね。やりがいを感じながら働けそう。

循環器内科外来の看護師のデメリット

循環器内科外来の看護師のデメリットって何だろう?循環器内科って、なんか大変そうだよね。

循環器内科外来の看護師のデメリットを考えていきましょう。

常に勉強しなくてはいけない

循環器内科外来の看護師のデメリットの1つ目は、常に勉強をしなければいけないことです。循環器内科では、専門性の高い医療を行っていますので、新しい技術が導入されます。

それに対応するためにも、常に勉強をしなければいけないんです。また、12誘導心電図を読めるようになる必要もありますし、循環器内科外来の看護師が心カテ室の介助も担当する時には心カテ室の業務に関しても勉強しなければいけません。

そのため、外来といえども、循環器内科外来で働く看護師は、たくさん勉強しなければいけないのです。

精神的なプレッシャーがある

循環器内科外来の看護師のデメリットの2つ目は、精神的なプレッシャーがあることです。狭心症の患者さんは、突然発作を起こすこともありますし、患者さんによっては致死性不整脈を起こすリスクが高い人もいます。

循環器内科外来は、ほかの診療科に比べると重症で急変を起こすリスクが高いので、精神的なプレッシャーを感じながら、働かなくてはいけません。

循環器内科外来のデメリットは、勉強が多いことと精神的なプレッシャーがあることか。やっぱり循環器内科外来は大変な外来なんだね。

循環器内科外来の看護師求人を選ぶときの3つの注意点

循環器内科外来で働きたいときには、どんなことに注意して求人を選べば良いんだろう?

循環器内科外来の看護師求人を選ぶ時の注意点を3つ説明していきます。

循環器内科の求人を選ぶなら、日帰り心臓カテーテル検査は行っているかをチェック!

循環器内科外来で働くときには、その病院で日帰りの心臓カテーテル検査を行っているかどうかをチェックしましょう。

日帰りの心臓カテーテル検査を行っているかどうかで、循環器内科外来の看護師の仕事内容は大きく異なります。専門性の高い外来で働きたい場合は、日帰り心臓カテーテル検査の件数が多い循環器内科外来の求人を選ぶと良いでしょう。

心カテ室の業務は行うのかも求人選びには重要!

循環器内科の外来の求人を選ぶなら、心カテ室の業務は行うのかどうかもチェックして下さい。心カテ室の業務を循環器内科外来の看護師が持ち回りで行うのか、心カテ室専門の看護師がいるのかは、病院によって異なります。

心臓カテーテル検査の介助に興味がある人は、心カテ室も担当する循環器内科外来の求人を選びましょう。

循環器専門病院か総合病院か、どちらの求人を選ぶ?

循環器内科外来の求人を選ぶときには、循環器専門病院の外来にするか、総合病院の循環器内科外来にするかを決めましょう。

ずっと循環器内科一本で行く人は、循環器専門病院の外来求人を探したほうが異動の心配をしなくて良いですが、将来的にほかの診療科も考えている人は総合病院の循環器内科外来で働いたほうが良いでしょう。

循環器内科の外来の求人を選ぶときには、日帰りの心臓カテーテル検査は行っているのか、心カテ室の業務は行うか、循環器内科専門病院か総合病院かを選ぶようにすると良いんですね!

まとめ

循環器内科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。

循環器内科外来で働くなら、転職サイトを使って求人を探すと良いですよ。転職サイトなら、日帰り心臓カテーテル検査の有無や件数、心カテ室の業務を行うかを調べてくれます。

また、総合病院の循環器内科外来で働きたい場合は、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれますので、循環器内科外来に配属になることができるのです。

転職サイトランキングを見る