外来の看護師求人に強い転職サイトは?

内科外来の看護師|役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点

内科外来の看護師ってどんな役割があるのかな?
内科外来の求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いんだろう?

内科外来の看護師の役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。

内科外来の看護師の役割

内科外来の看護師って、どんな役割があるんだろう?

内科外来の看護師はどんな役割があるのか、具体的な役割の例や仕事内容を挙げながら説明していきます。

診察の介助

内科外来の看護師の役割の1つ目は、診察の介助です。これは、どこの診療科の外来でも同じですね。

診察室に患者さんを呼び込んで、診察しやすいように着衣の着脱を手伝ったり、体位の調整を行ったりします。

自宅療養の指導

内科外来の看護師の役割の2つ目は、自宅療養の指導です。内科外来は生活習慣病などの慢性疾患を抱えている患者さんが多いので、自宅でも服薬をしたり、食事療法や運動療法を行う必要があることが多いんです。

また、それを一時期だけではなく、長期的に続けていく必要があるので、内科外来の看護師は患者さんの生活環境に応じて、自宅療養のコツやポイントなどを指導していかなければいけません。

診療をスムーズに進めていくためのサポート

内科外来の看護師の役割の3つ目は、診療をスムーズに進めていくためのサポートです。ある意味、内科外来の看護師はこの役割が最も重要であると言えるかもしれませんね。

内科外来はとにかく患者さんが多いんです。次から次へと患者さんがやってきますので、どんどん患者さんをさばいていかないと、仕事が終わりません。

また、内科外来を受診する患者さんって、ほかの診療科に比べると高齢者が多いんですよね。しかも、生活習慣病・慢性疾患が多いので、そこまで重症じゃない人もいます。

一種の日課というか、暇つぶし・楽しみのような形で、内科外来を受診する高齢者も多いんです。

そのような患者さんが多いと、患者同士でおしゃべりを延々続けていたり、看護師に世間話や愚痴を言い始めることも珍しくありません。

内科の看護師はそのような患者さんにもうまく対応して、どんどん診察を進めていかなければいけないんです。

内科外来では診療の介助と自宅療養の指導、診察をスムーズにどんどん進めていくことの3つの役割があるのね。

内科外来の看護師の2つのメリット

内科外来で働くと、どんなメリットがあるんだろう?内科外来って、楽だったりするのかな?

内科外来で看護師が働くメリットを2つご紹介します。

内科の幅広い知識を身につけることができる

内科外来で看護師が働くメリットは、内科の幅広い知識を身につけられることです。内科外来では内科全般の疾患を扱います。

神経内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科。これら幅広い疾患の患者さんを看護しますので、幅広い知識を身につけることができます。

内科の幅広い知識は内科外来以外の診療科、また病院以外の職場で応用が利くものですので、今後どの職場で働いても役に立つものなのです。

予防医学的な仕事に携われる

内科外来では生活習慣病や慢性疾患の患者さんが多いという特徴があります。そのため、内科外来では生活習慣病を悪化させずにうまく付き合っていく方法、慢性疾患の増悪を防ぐ方法などをその患者さんの生活環境に合わせて指導していきます。

病棟の退院指導のようなものですね。それを日常的に行っていきますので、内科外来では一般的な外来業務に加えて、予防医学のような仕事もできるのです。

内科外来って幅広い知識を身につけられて、しかも予防医学に近いような仕事もできるのね!やりがいがありそうな仕事だわ。

内科外来の看護師のデメリット

内科外来で働くと、どんなデメリットがあるんだろう?

内科外来の看護師のデメリットについてお話します。内科外来のデメリットは、とにかく忙しいことです。内科外来はたくさんある外来の中でも、患者数が多いんです。

そのため、内科外来で働いていると、昼休憩もきちんととれないほど忙しいことが珍しくありません。また残業も多めになります。

うへ~!内科外来って忙しいんだ。おじいちゃん&おばあちゃんとほのぼのしながら働ける思ったのになぁ。

内科外来の看護師求人を探すときの3つの注意点

内科外来の看護師求人を探すときには、どんなことに注意すればいいんだろう?幅広いスキルを身につけられるから、私は内科外来で働いてみたいんだけど。

内科外来の看護師求人を探すときの注意点を3つご紹介します。

内科外来の求人は総合病院か小規模病院か

内科外来の求人を探すときには、総合病院の内科外来か小規模病院の内科外来か、どちらで働くかを決めましょう。

総合病院の内科外来は、神経内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科など細かく分かれていることが多いですが、その分、専門性の高い医療を行っていますし、患者さんの重症度が高くなります。

小規模病院の内科外来は内科全般を扱っていますが、重症度はそれほど高くなく、クリニックに近いような仕事内容になるでしょう。

ただ、小規模病院の内科外来は重症度は低いものの、生活習慣病や慢性疾患で定期的に受診する患者が多いので、自宅療養の指導などを長期的に行っていくことができるというメリットがあります。

内科外来の仕事内容は幅広いので求人探しの時は要注意

内科外来の求人選びの注意点の2つ目は、看護師の業務範囲です。病院によって、内科外来の看護師の業務範囲は異なります。

病院によって、診察室を中心に働く外来業務だけを行うこともありますし、日によって化学療法室を担当することもあります。

また、内科と言っても今日は神経内科、明日は消化器内科のようにローテーションで担当が変わることもあります。

さらに、病院によっては外来看護師が採血や心電図などの検査を行うこともありますが、検査業務は全く行わないところもあります。

そのため、内科外来の業務範囲は病院によって大きく異なりますので、求人を選ぶ時には業務範囲を確認して、希望に合うものを選ぶようにしましょう。

求人探しをする時は、残業時間もポイント

内科外来の求人を探すときには、平均の残業時間もチェックしてください。内科外来は外来の中でも残業が多い傾向にあります。

でも、外来で働きたい看護師さんは、既婚や子持ちの看護師さんが多いですよね。また、独身の看護師さんも、プライベートを大切にしたいから、外来を選んだのではないでしょうか。

残業が多いと、保育園へのお迎えが間に合わないから困る!

いくら内科外来で働きたいといっても、あまりにも残業が多いと、既婚や子持ちの看護師さんは、何のために外来で働くのか、なんで外来を選んだのかわからなくなってしまいますよね。

ですから内科外来の求人を選ぶ時には、必ず平均残業時間を調べて、無理なく働けるのかどうかを確認しましょう。

内科外来の求人を選ぶなら、総合病院か小規模病院か、看護師の業務範囲、残業時間の3つに注意しなくちゃいけないのね!

まとめ

内科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。内科外来で働きたい看護師さんは、転職サイトを利用しましょう。

転職サイトなら総合病院の内科外来の求人も小規模病院の内科外来の求人も、どちらも扱っています。また、担当コンサルタントが看護師の業務範囲や残業時間を調べてくれますので、理想的な内科外来で働くことができるんですよ!

転職サイトランキングを見る