外来の看護師求人に強い転職サイトは?

男性看護師は外来で働ける?外来で活躍できる2つの診療科

男性看護師って、外来で働けるのかなぁ?
男性看護師が活躍できる外来の診療科ってあるの?

男性看護師が外来で働くことができるのかや男性看護師が活躍できる外来の診療科を2つご紹介します。

男性看護師は外来で働くことはできるの?

男性看護師って、外来で働いているイメージはないなぁ。外来は女性看護師の聖域って感じ!

男性看護師は外来で働くことはできるのでしょうか?女性の職業と言われる看護師ですが、最近は少しずつ男性看護師が増えてきていますよね。

でも、男性看護師は病棟で働くのが一般的で、外来で働いているのを見たことがある人はほとんどいないと思います。

これは、病棟の方が夜勤があって給料が高いこと、スキルアップしやすいこと、女性のように家事や育児などで日勤のみの勤務を強いられるケースが少ないこと、体力があるので女性看護師よりも夜勤が苦ではないことなどが理由だと考えられます。

でも、男性看護師にも外来で働きたい人がいると思うんだけど。例えば、シングルファザーとか。

男性看護師も外来で働きたい人もいますよね。男性看護師だって、どうしても夜勤が苦手な人がいますし、シングルファザーの男性看護師は夜勤に入るのは難しいこともあります。

また、病棟の業務は合わないから、外来業務をやってみたいという人もいるでしょう。

男性看護師も事情があれば、外来で働くことができます。実際に、人数は少ないものの、外来で働いている男性看護師さんはいるんですよ。

ですから、外来で働きたい男性看護師さんは、男性看護師は外来で働くのは無理と決めつけずに、外来の求人に応募してみましょう。

特に、外来でないと働けない事情がある人は、それを話せば、外来に採用してもらえる可能性が高くなります。

男性看護師も外来で働けるのね。
外来は女性看護師の聖域だと思っていたのになぁ。あ!でも、イケメン看護師は大歓迎かも。

男性看護師が外来で活躍できる場所=救急外来

男性看護師が活躍できる外来の部署ってあるのかなぁ?

男性看護師は外来で活躍できる診療科を知っておきましょう。男性看護師が活躍できる診療科の外来に配属希望を出せば、採用される可能性が高くなります。

男性看護師が活躍できる外来は、救急外来です。救急外来で働ている男性看護師はたくさんいるんです。

救急外来はたくさんある外来の中でも体力勝負の部署になりますし、とても忙しく残業も多いので、男性看護師向きの外来です。

でも、救急外来って夜勤があるよね?

救急外来は一般病棟よりも夜勤が多いという難点があります。そのため、夜勤に入れない、夜勤が苦手だから外来で働きたいという男性看護師さんにはおすすめできません。

病棟業務よりも外来業務をやりたいという男性看護師さんにおすすめです。救急外来では、排せつ介助や清潔ケアをすることがありませんので、男性看護師だからという理由で女性患者さんからケアを拒否されることは少ないと思います。

また、救急外来の患者さんは緊急性が高く、命の危機に瀕していることもありますので、男性看護師の前だから裸になりたくないなど言っている余裕がある患者さんは少ないんです。

ですから、病棟業務に疲れた男性看護師さんは、救急外来で働くと良いと思います。

救急外来は病棟業務よりも外来業務をやりたい男性看護師さんにおすすめなのね。

男性看護師が外来で活躍できる場所=泌尿器科

夜勤に入れない男性看護師が活躍できる外来はないのかな?

男性看護師が活躍できる外来の2つ目は、泌尿器科の外来です。泌尿器科の外来は、夜勤がありませんので、夜勤に入れないシングルファザーの男性看護師も、夜勤が苦手な男性看護師さんも安心して働くことができます。

なんで泌尿器科は男性看護師が活躍できるの?

泌尿器科は男性患者さんが多い診療科です。また、「泌尿器科」という診療科は、男性のデリケートな部分を扱う診療科ですよね。

そのため、患者さんは女性看護師よりも、同性の男性看護師の方が症状の細かい部分や悩みなどを話しやすいので、泌尿器科の外来は男性看護師が重宝される職場であり、男性看護師が必要とされる職場なんです。

だから、夜勤に入りたくないから外来で働きたいという男性看護師さんは、泌尿器科外来を希望すると、男性看護師としてのやりがいを感じながら働けると思います。

なるほど。男性看護師は泌尿器科外来だと夜勤なしで働けて、重宝されるのね。婦人科には男性看護師がいてほしくないという女性患者さんが多いのと同じかな。
私は、婦人科でも超イケメン男性看護師なら…、やっぱりちょっと嫌かも。

まとめ

男性看護師は外来で働けるのか、男性看護師が活躍できる職場はどこかをまとめました。男性看護師は、救急外来か泌尿器科で働くことをおすすめします。この2つの診療科でないと外来で働けないというわけではありません。

でも、この2つの外来なら、男性看護師が重宝されるので、やりがいを感じながら働けるはずです。

外来で働きたい男性看護師さんは、転職サイトを使って外来の求人を探しましょう。転職サイトなら、外来の求人をたくさん扱っていますし、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれますので、救急外来か泌尿器科で働ける可能性が高いのです。

転職サイトランキングを見る