外来の看護師求人に強い転職サイトは?

精神科外来の看護師|役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点

精神科外来の看護師ってどんな役割があるのかなぁ?
精神科外来の求人ってどれも同じ?何か違いはあるのかな?

精神科外来の看護師の役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。精神科外来に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

精神科外来の看護師の役割は何?

精神科外来の看護師の役割って何かな?ほかの診療科とは違うのかしら?

精神科外来の看護師の役割は何でしょうか?精神科外来の看護師の主な役割を3つまとめました。

診察の介助

精神科外来の看護師の役割の1つ目は、診察の介助です。これは、ほかの診療科の外来看護師と同じ役割ですね。

診察室に患者さんを案内して、医師の診察の介助をし、カルテや伝票などを整理します。

また、患者さんがうまく医師に症状や悩みを伝えられない時には、看護師が上手にサポートして、診察がスムーズに進むようにしていきます。

精神科の患者さんの中には、男性医師にはうまく話せないけれど、女性看護師とは話しやすいという人も少なくないのです。

服薬指導

精神科外来の看護師の役割の2つ目は、服薬指導です。精神科の患者さんは症状を内服薬でコントロールすることで、社会生活を送れるようになります。

逆に言うと、きちんと服薬できないと、症状が悪化してしまいます。

そのため、看護師は患者さんに内服薬をいつどのくらい服用するのか、また正しく服薬するためには、服薬を忘れないようにするためにはどうすれば良いのかを患者さんに指導していくことが、精神科外来の看護師の重要な役割になるのです。

デイケア

精神科外来の中には、デイケアを行っているところがあります。そのような精神科外来の看護師は、当番制などで精神科デイケアを担当することがあるのです。

デイケアで働くと、(患者さんの体調管理やイベントやプログラムの進行の補助を行うことなどが、看護師の役割になります。

精神科外来の看護師の役割は、診察の介助と服薬指導、デイケアの3つなのね。

精神科外来で看護師が働く2つのメリット

精神科外来で看護師が働くメリットって何だろう?

精神科外来で看護師が働くメリットは何でしょうか?精神科外来の看護師のメリットを2つご紹介します。

観察力やコミュニケーションスキルが身につく

精神科外来の看護師のメリットの1つ目は、観察力やコミュニケーションスキルが身につくことです。

精神科外来では、ほかの診療科のように検査をすることで病気がわかるわけではありません。また、精神科の疾患があると、きちんと症状を伝えない、伝えられないことがあります。

そのため、看護師は待合室での様子、診察中の様子などを観察して、必要があれば医師に報告しなければいけません。

さらに、医師には話せなかったけれど、診察室を一歩出ると気が楽になって話せる人、女性看護師には緊張せずに話せる人などもいますので、患者さんと上手にコミュニケーションを取って、診察の補助をしていく必要があります。

そのため、精神科外来で働いていると、観察力やコミュニケーションスキルを身につけることができるのです。

心身ともに比較的楽

精神科外来の看護師のメリットの2つ目は、精神的なプレッシャーが少ないことです。精神科には、命にかかわる病気を持った患者はいません。

また、外来に通院している患者は、基本的には社会生活を送れる程度には症状が安定していますので、精神科病棟のように突然暴力をふるってきたり、錯乱したりするような人はほとんどいません。

しかも、精神科外来は基本的に予約診療制のところが多く、予約診療でも内科や外科に比べると、1人当たりの診療時間に余裕を持たせているところも多いので、比較的ゆとりをもって働けるんです。

観察力とコミュニケーションスキルが身について、比較的楽だなんて、もしかして精神科外来って私の天職なのかもしれない!私は人間観察とおしゃべりが趣味だし、楽なことが第一優先だし!

精神科外来で看護師が働く2つのデメリット

精神科外来のデメリットって何だろう?デメリットが多かったら、どんなに楽でもさすがに嫌だし。

精神科外来で働く看護師のデメリットは何でしょうか?メリットだけでなく、デメリットもしっかり押さえておきましょう。

一般的な看護スキルが身につかない

精神科外来で看護師が働くデメリットの1つ目は、一般的な看護スキルが身につかないことです。精神科外来では、採血は時々行うことはあるものの、点滴や処置などはほとんど行いません。

そのため、精神科外来で働くと、一般的な看護スキルを身につけられない、または身につけていたスキルが衰えてしまうことがあるんです。

やりがいを感じないことも

精神科外来の看護師のデメリットの2つ目は、やりがいを感じないことがあることです。精神科の患者さんは一気に回復が見込めるケースはほとんどありません。

特に、外来の場合は現状維持が目標だったり、患者さん本人も実感できないほどゆっくりとしたペースで回復していくので、精神科外来で働いていると、「病気の患者さんを助けた!」とか「看護の力で患者さんが元気になった!」と実感できることが少ないんです。

精神科外来の看護師のデメリットは、一般的な看護スキルが身につかないこととやりがいを感じないことか。全然OK!だって、楽なことが一番だもん♪
一般的な看護スキルが身につかないのは、新人看護師の私にはちょっとデメリットが大きすぎるかも…

精神科外来に看護師が転職する時の求人選びのポイント

精神科外来に転職する時、どんな求人を選ぶと良いの?精神科外来なら、どこも同じってわけではないよね?

精神科外来に看護師が転職する時には、次の3つのことに注意して求人を選びましょう。

精神科外来の求人は、総合病院か精神病院かのどちらを選ぶ?

精神科外来の求人を選ぶ時には、総合病院か精神病院か、どちらの精神科外来を選ぶかを決めましょう。

もし、将来的に精神科以外の診療科でも働きたいと思っているなら、総合病院の精神科を選ぶと良いですし、「精神科一本で行きたい!ほかの診療科には興味なし!」という看護師さんは、精神病院の外来の求人を選ぶと良いと思います。

どのような外来があるのかチェックして求人を選ぼう

精神科外来の求人を選ぶ時には、その精神科にどのような外来があるのかをチェックすると良いでしょう。

精神科にもいろんな外来があるってこと?

精神科外来と言っても、一般的な精神科外来以外にも、アルコール外来や物忘れ外来、依存症外来、児童思春期外来など、特色のある精神科外来を持っているところがあります。

このような専門性のある精神科外来に興味がある人は、どのような外来があるかをチェックしてから、求人を選ぶようにしましょう。

デイケアはあるのかも求人選びのポイントです。

精神科外来の求人を選ぶなら、デイケアはあるのかも確認しておきましょう。また、デイケアを行っているかどうかだけではなく、デイケアも精神科外来の看護師が担当するのかも確認しておきましょう。

精神科外来の看護師がデイケアも担当すると、それだけ仕事の幅が広がりますし、患者さんとゆっくりかかわりを持てるというメリットがあります。

でも、デイケアの仕事には興味がない、とにかく黙々と外来の業務をこなしたいという人は、デイケアがない精神科外来の求人を選ぶと良いでしょう。

精神科外来の求人を選ぶ時には、総合病院か精神病院か、どんな専門的な外来があるのか、デイケアはあるのかに注意すると良いのね!

まとめ

精神科外来の看護師の役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。精神科外来で働きたい人は、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、担当コンサルタントがどんな専門的な外来があるのか、デイケアはあるのかを調べてくれますし、総合病院の精神科外来で働きたい場合は、配属交渉をしてくれますので、確実に精神科外来に配属になるんです

転職サイトランキングを見る