外来の看護師求人に強い転職サイトは?

整形外科外来の看護師|役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点

整形外科外来の看護師の役割って何だろう?
整形外科外来で働く場合、どんな求人を選ぶべきなのかなぁ?

整形外科外来の看護師の役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。整形外科外来で働きたい人は、ぜひ参考にしてください。

整形外科外来の看護師の役割

整形外科外来の看護師の役割って何かしら?整形外科特有の役割とかあるのかな?

整形外科外来の看護師の役割には、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

診察や処置の介助

整形外科外来の看護師の役割の1つ目は、診察や処置の介助です。

診察や処置の介助って、ほかの診療科と同じでしょ?

整形外科外来は、ほかの診療科と同じように患者さんを診察室に案内して、診察の介助をし、カルテや伝票などの整理をすること以外に、整形外科特有の診療や処置の介助があるんです。

例えば、ギプスを巻いたり、ギプスをカットしたり。また、整形外科では包帯巻きの処置も多いですね。

関節内注射の介助や神経ブロック注射の介助も、整形外科外来の看護師特有の役割と言えます。整形外科外来では、一般的な採血や点滴、消毒などの処置もありますが、整形外科特有の治療や処置の介助も多いのです。

自宅療養の指導

整形外科外来の看護師の役割の2つ目は、自宅療養の指導です。整形外科外来では、骨粗鬆症の予防・改善の指導をしたり、骨折やリウマチの患者さんの自宅療養のポイントを指導したり、自宅でできる簡単なリハビリ方法の指導をしたりします。

整形外科外来の看護師の役割は、診察や処置の介助、自宅療養の指導だけど、整形外科特有のものがたくさんあるのね。

整形外科外来の看護師の2つのメリット

整形外科外来の看護師のメリットって何かな?

整形外科外来の看護師のメリットは2つあります。

精神的に楽

整形外科外来の看護師のメリットは、精神的に楽なことです。整形外科の患者さんは、命に直結するような疾患の人がいないので、精神的なプレッシャーがなく、気持ち的に楽に働くことができます。

幅広い技術を身につけられる

整形外科外来の看護師のメリットの2つ目は、幅広い技術を身につけられることです。整形外科では、点滴や採血、オペ後の消毒や抜糸、抜鈎など一般的な処置も行いますが、ギブス巻き・ギブスカット、包帯巻き、関節内注射など専門性の高い処置も行います。

そのため、整形外科外来で働くと、幅広い処置の技術を身につけることができるのです。

整形外科外来で働くと、精神的に楽で幅広い技術を身につけられるのか!新人看護師の私にはぴったりの職場かも!

整形外科外来の看護師の2つのデメリット

整形外科外来の看護師のデメリットって何だろう?なんか、忙しそうなイメージがあるけど…。

整形外科外来の看護師のデメリットを説明していきます。メリットだけでなく、デメリットもきちんと知っておきましょうね。

とにかく忙しい

整形外科外来の看護師のデメリットの1つ目は、とにかく忙しいことです。整形外科外来はほかの診療科に比べて、患者数が多いですし、処置も時間がかかるもの、面倒なものが多いので、いつもバタバタしていて、忙しいという特徴があります。

整形外科外来では、忙しいため残業が多いことも珍しくありません。

クレームが多い

整形外科外来のデメリットの2つ目は、クレームが多いことです。整形外科外来は忙しいので、患者さんの待ち時間が長くなります。

しかも、整形外科の患者さんは体の一部は痛いものの、基本的には健康で、頭ははっきりしている人が多いので、「よくしゃべる!」という人が多いのです。

この2つの理由があるため、整形外科外来はほかの診療科の外来に比べると、クレームが多いため、看護師は忙しいことに加えて、クレーム対応にも追われることになります。

整形外科外来のデメリットは忙しくて残業が多いこと、クレームが多いことの2つか。超大変じゃん!私は、整形外科外来はやめておこう…

整形外科外来の看護師の求人を探す時の3つの注意点

整形外科外来の看護師求人を探す時には、どんなことに注意したら良いの?

整形外科外来の看護師求人を探す時には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?整形外科外来の求人探しの注意点を3つ説明していきます。

総合病院か整形外科専門病院か、どちらの求人を選ぶ?

整形外科外来の看護師求人を探す時には、総合病院の整形外科外来で働くか、整形外科専門病院の外来で働くかを決めましょう。

総合病院と整形外科専門病院では、何が違うのかしら?

総合病院の整形外科外来は、比較的重症な人が多いのに対し、整形外科専門病院の外来は腰痛やリウマチなどの慢性疾患の患者さんが多いという特徴があります。

また、将来的には整形外科以外の診療科も経験したい人は総合病院を、これから先ずっと整形外科一本で勝負したいという人は整形外科専門病院を選ぶと良いでしょう。

残業時間はどのくらいかも求人を選ぶポイント

整形外科外来の求人を探すなら、残業時間をチェックしてください。整形外科外来は外来の中でも残業が多く、毎日1~2時間も残業することが珍しくないのです。

外来勤務希望の看護師さんは、育児や家事と仕事を両立させるために、外来で働きたいという人が多いと思います。

それなのに、残業が毎日あったら、外来を選んだ意味がありませんよね。そのため、整形外科外来の求人を選ぶ時には、月平均の残業時間を調べて、

これなら、育児と両立できる!

と確信できる整形外科外来の求人を選ぶようにしましょう。

求人を選ぶなら、スポーツ整形はあるかもチェック

整形外科外来の求人を選ぶ時には、スポーツ整形外来があるかどうかもチェックしましょう。スポーツ整形外来がある整形外科だと、それだけ幅広い整形外科の知識や技術を身につけることができます。

また、整形外科でスポーツ整形での経験を積めば、将来的にスポーツ整形の看護を専門にしていくこともできるのです。

スポーツ整形に少しでも興味がある人は、スポーツ整形がある整形外科外来の求人を選ぶと良いでしょう。

整形外科外来の求人を選ぶなら、総合病院か整形外科専門病院か、残業時間はどのくらいか、スポーツ整形はあるかに注意すれば良いのね!

まとめ

整形外科外来の看護師の役割やメリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。整形外科外来で働きたい看護師さんは、転職サイトを使いましょう。

転職サイトでは総合病院の外来求人も整形外科専門病院の外来求人も扱っていますし、担当コンサルタントが残業時間やスポーツ整形の有無を調べてくれます。

また、総合病院の整形外科外来で払きたい人は、配属交渉もしてもらえますので、確実に整形外科外来に配属になるんですよ!

転職サイトランキングを見る