外来の看護師求人に強い転職サイトは?

総合病院の外来看護師の3つのメリット・2つのデメリット、求人選びの2つの注意点

総合病院の外来を選ぶメリットって何かな?
総合病院の外来の看護師求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いんだろう?

総合病院の外来看護師になりたい人は、メリットやデメリット、求人選びの注意点を確認しておきましょう。

総合病院の外来看護師になる3つのメリット

総合病院の外来看護師になるメリットって何かな?

総合病院の外来看護師になるメリットには、どのようなものがあるのかを確認しておきましょう。総合病院の外来看護師のメリットは3つあります。

いろいろな診療科がある

総合病院の外来看護師になるメリットの1つ目は、総合病院の外来にはいろいろな診療科があることです。

総合病院には、内科、外科、産婦人科、小児科、皮膚科、耳鼻科、眼科などの診療科があります。内科や外科は、さらに消化器、循環器、呼吸器などに細分化されていますよね。

そのため、総合病院の外来で働くと、自分の興味のある診療科で働くことができるのです。また、将来「違う診療科を経験したい!」と思った時も、わざわざ転職せずに、外来の中で異動するだけで良いことも大きなメリットですね。

専門性の高い治療を行っている

総合病院の外来看護師になるメリットの2つ目は、専門性の高い治療を行っていることです。

外来でも専門性の高い治療を行っているの?なんか意外かも。

総合病院の外来では、クリニックや個人病院の外来と比べて、専門性の高い治療を行っています。外来で化学療法を行っていたり、日帰りで心臓カテーテル検査を行っていたり、専門外来を開いていたりするので、外来でもスキルアップしていくことができるのです。

福利厚生が充実している

総合病院の外来看護師になるメリットの3つ目は、福利厚生が整っていることです。

福利厚生が整っているって、具体的にはどんな福利厚生があるの?

外来勤務を希望する看護師さんは、子育て中の看護師さんが多いですよね。総合病院には院内託児所があるところが増えていますので、病院の託児所にお子さんを預けながら働くことができます。

また、時短勤務など子育て支援制度を使えたり、家族手当や住宅手当などの各種手当が充実しているので、子育てしながら働きやすい体制が整っているのです。

小さな個人病院だと、福利厚生は最低限しかなく、時短勤務制度は有名無実化しているところが多いので、ママさん看護師に優しい職場環境とは言えないところが多いんですね。

そして、これは福利厚生ではありませんが、総合病院の外来は看護師人数が多いので、お子さんが発熱したなどの理由で早退・欠勤する時もフォローしやすく、子育て中のママさん看護師が働きやすいところが多いのです。

総合病院の外来看護師になると、いろいろな診療科を経験できて、外来でも専門的な治療を行っていて、福利厚生が充実しているというメリットがあるのね!

総合病院の外来の看護師になる2つのデメリット

総合病院の外来の看護師になると、どんなデメリットがあるんだろう?

総合病院の外来看護師になるデメリットは何でしょうか?メリットだけでなく、デメリットも確認しておきましょうね。

忙しいことが多い

総合病院の外来看護師のデメリットは、忙しいことが多いことです。総合病院の外来にはその地域のちょっと重症な患者さんの多くが受診します。

地域のクリニックでは治療が難しいと判断された患者さんが、紹介状を持ってやってくるので、患者数が多いですし、重症の患者さんが多いので、総合病院の外来はいつもバタバタしています。

そのため、総合病院の外来で働くと、とても忙しく、残業することも少なくありません。

勉強すべきことがたくさんある

総合病院の外来看護師のデメリットは、勉強すべきことがたくさんあることです。

外来は病棟に比べたら、楽でしょ?勉強することもそんなにないんじゃない?

「外来=専門性がない楽な仕事」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、それは大きな誤解です。

総合病院では外来でも専門性が高い治療を行っていますので、看護師は配属の診療科のことについてしっかり勉強して、知識・技術を身につけておかなくてはいけません。

しかも、総合病院の場合、「今日は耳鼻科の看護師が1人欠勤だから、そっちにヘルプに行って!」のように言われることもあります。

そのため、診療科を問わず、ある程度幅広い知識・技術を身につけておかなくてはいけないので、勉強すべきことがたくさんあるのです。

総合病院の外来看護師のデメリットは、忙しいことと勉強すべきことが多いことの2つなのね。確かに、ちょっと大変そうだわ。

総合病院の外来の看護師求人を選ぶ時の2つの注意点

総合病院の外来の看護師求人を選ぶなら、どんなことに注意すれば良いんだろう?

総合病院の外来の看護師求人を選ぶ時の注意点をご紹介します。総合病院の外来で働きたい人は、この2つの注意点に注意すると、理想に近い総合病院の外来を見つけることができます。

自分が必要な福利厚生はあるか

総合病院の外来の看護師求人を選ぶ時には、自分が必要な福利厚生はあるかどうかを確認しましょう。総合病院では福利厚生が整っているところが多いのですが、それでもどの総合病院でも、すべての福利厚生が整っているとは限りません。

院内託児所はあるのか、各種手当は整っているか、時短勤務制度は使えるかなど、あなたが必要とする福利厚生はあるのかどうかを、あらかじめ細かく調べておくようにしましょう。

残業時間はどのくらいか

総合病院の外来の看護師求人を選ぶ時には、残業時間も調べましょう。総合病院の外来は忙しいことが多いので、残業が毎日のようにあることも珍しくありません。

子育てと両立したいから総合病院の外来を選んだのに、残業が多かったら、両立が難しいので、総合病院の外来を選んだ意味がありませんよね。

残業の多さは診療科によっても異なりますので、希望する診療科の残業時間をしっかり調べておくと良いでしょう。

総合病院の外来求人を選ぶなら、自分に必要な福利厚生があるのか、残業はどのくらいあるのかを確認すると良いのね!

まとめ

総合病院の外来の看護師のメリットとデメリット、求人選びの注意点をまとめました。総合病院の外来で働きたいなら、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、総合病院の外来求人をたくさん扱っていますし、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれますので、希望の診療科の外来に配属になるんです!

転職サイトランキングを見る