外来の看護師求人に強い転職サイトは?

耳鼻科外来の看護師|役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点

耳鼻科外来の看護師ってどんな役割があるの?
耳鼻科外来の求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いの?

耳鼻科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。耳鼻科外来で働こうか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

耳鼻科外来の看護師の役割

耳鼻科外来の看護師って、どんな役割があるんだろう?

耳鼻科外来の看護師の役割を4つご紹介します。

診療や処置の介助

耳鼻科外来の看護師の役割の1つ目は、医師の診療や処置の介助です。耳鼻科では処置室で簡単な外科的処置をすることが多いので、耳鼻科外来の看護師は処置介助の仕事が比較的多くなります。

耳鼻科特有の検査の介助

耳鼻科外来の看護師の役割の2つ目は、耳鼻科特有の検査の介助をすることです。耳鼻科ではほかの診療科にはない特殊な検査が多いんです。

たとえば、聴力検査やSISIテスト、眼振検査、平衡感覚検査、ティンパノメトリー、味覚検査などですね。

これらの検査は耳鼻科特有のもので、看護師が検査介助をすることも多く、耳鼻科外来の看護師はこれらの検査の意味や介助方法、注意点などを知っておく必要があります。

ネブライザーや点鼻薬の指導

耳鼻科外来の看護師の役割の3つ目は、ネブライザーや点鼻薬の指導です。耳鼻科では自宅療養をするときに、ネブライザーや点鼻薬を使うことが多いんです。

ネブライザーや点鼻薬を使いなれている患者さんはとても少なく、初めて使うという人も少なくありません。

そういう人に自宅でネブライザーや点鼻薬の使い方をきちんと指導することも、耳鼻科外来の看護師の重要な役割の1つなのです。

日帰り手術の患者の対応

耳鼻科外来では日帰り手術をを行っているところがありますので、日帰り手術の患者の対応も耳鼻科外来の看護師の役割になります。

日帰り手術のために来院した患者のバイタルサインをチェックし、点滴のラインを確保します。また、手術の説明や手術に対する不安のケアなども行います。

手術が終わったら、状態が安定するまで回復室などで休んでもらいながら、異常がないかを経過観察します。

耳鼻科外来の看護師の役割は、診察や処置の介助、耳鼻科特有の検査の介助、ネブライザーや点鼻薬の指導、日帰り手術の患者の対応などがあるのね。

耳鼻科外来の看護師の3つのメリット

耳鼻科外来で働くと、どんなメリットがあるんだろう?暇とか楽がメリットだと良いんだけど。

幅広い年代の患者の看護ができる

耳鼻科外来の看護師のメリットの1つ目は、幅広い年代の患者の看護ができることです。耳鼻科は高齢の患者も多いのですが、中耳炎などで子どもの患者も多いんです。

そのため、耳鼻科外来では幼児から高齢者まで幅広い年代の看護をすることができます。

外来の中では比較的暇

耳鼻科外来のメリットの2つ目は、外来の中では比較的暇であることです。特に、予約診療の耳鼻科外来は内科や外科、整形外科と比べると、あまり患者数は多くありません。

緊急入院になる患者さんも少ないですし、花粉症などの軽症の患者さんの処置や治療は、パターン化することが多いので、いったん覚えてしまえば、ルーティンのようにてきぱき仕事を進めていくことができます。

そのため、耳鼻科外来は外来の中では比較的暇で楽な外来と言えるでしょう。

精神的に楽

耳鼻科外来で看護師が働くメリットの3つ目は、精神的に楽なことです。耳鼻科は、死に直結するような病気は少ないですから、精神的に楽に働くことができるのです。

耳鼻科外来のメリットは、幅広い年代の看護ができること、比較的暇であること、精神的に楽であることの3つか。暇で楽、最高じゃない!

耳鼻科外来の看護師のデメリット

耳鼻科外来のデメリットってあるのかな?暇で楽というメリットだけで、デメリットがないなんて、そんなうまい話があるわけがないよね?

耳鼻科外来の看護師のデメリットは何でしょうか?耳鼻科外来の看護師のデメリットを2つご紹介します。

一般的な看護技術は身につけにくい

耳鼻科外来の看護師のデメリットの1つ目は、一般的な看護技術は身につけにくいことです。耳鼻科外来は、専門性が高く、特殊な治療・検査が多いので、ほかの診療科でも応用が利くような看護技術は、身につけにくいのです。

時期によっては忙しい

耳鼻科外来で働く看護師のデメリットの2つ目は、時期によっては忙しいことです。紹介状が必要な予約診療をしている外来では、時期によって患者数が変わることはそこまで多くありません。

でも、紹介状が必要ではない個人病院の耳鼻科外来では、花粉症の時期などは患者数が急激に増えてしまって、2~4月だけ残業をするということもあるんです。

耳鼻科外来のデメリットは、一般的な看護技術は身につけにくいことと、時期によっては忙しいってことか。でも、予約診療の大病院の外来なら花粉症で受診する人は、ほとんどいないから、デメリットの1つは消えるよね!

耳鼻科外来の看護師求人を選ぶときの2つの注意点

耳鼻科外来で働きたいときには、どんなことに注意して求人を選ぶと良いのかな?

耳鼻科外来の看護師求人を選ぶときには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?耳鼻科外来の求人選びの注意点は、2つあります。

総合病院か小規模病院か、どちらの求人を選ぶ?

耳鼻科外来の看護師求人を選ぶときには、総合病院の耳鼻科外来で働くのか、耳鼻科専門病院のような小規模病院で働くのかを決めましょう。

基本的に紹介状が必要で予約診療制の総合病院の耳鼻科外来は、耳鼻科の中でも重症な患者さんが多いという特徴があります。また、予約診療制だと患者数が増えることもありません。

でも、小規模病院の場合、軽症の患者さんは多いものの予約診療をしていないところが多いので、時期によって患者の増減が激しいですし、総合病院の耳鼻科外来に比べて、とても忙しいことがあります。

ただ、耳鼻科専門病院なら異動の心配がなく、ずっと耳鼻科で働けるというメリットがあるんです。

日帰り手術の件数も求人選びには重要

耳鼻科外来の看護師求人を選ぶなら、日帰り手術の件数も調べておきましょう。日帰り手術の件数が多いと、オペ前後のケアを経験できるというメリットはあるものの、忙しいというデメリットがあります。

そのため、日帰り手術を行っているのか、1日何件くらい行っているのかを確認して、耳鼻科外来の求人を選ぶと良いでしょう。

耳鼻科外来の求人を選ぶなら、総合病院か小規模病院か、日帰り手術はどのくらい行っているのかを調べると良いんですね!

まとめ

耳鼻科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。

私、総合病院の耳鼻科で働きたいんだけど、どうすれば良いんだろう?忙しい内科外来に配属になるかもしれないよね?

耳鼻科外来で働きたい人は、転職サイトを使いましょう。転職サイトなら、耳鼻科外来の求人をたくさん扱っています。総合病院の耳鼻科外来で働きたい場合は、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれるので、耳鼻科外来で働くことができるんです。

転職サイトランキングを見る