外来の看護師求人に強い転職サイトは?

外科外来の看護師|役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点

外科外来って、具体的にどんな仕事をするのかな?
外科外来の求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いの?

外科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びの注意点をまとめました。

外科外来の看護師の役割

外科外来の看護師の役割って何だろう?なんか、忙しそうだよね…

外科外来の看護師の役割について説明します。

診療の補助

外科外来の看護師の役割の1つ目は、診療の補助です。これは、外科外来特有のものではなく、どの診療科の外来の看護師も行うことですね。

患者さんを診察室に案内して、医師が診察しやすいように、患者の体位を調整したり、衣服の着脱を手伝ったりします。

伝票やカルテの整理、採血なども、外来看護師の仕事ですね。

処置の介助

外科外来の看護師の役割の2つ目は、処置の介助です。外科外来では抜糸などの処置を行います。

外科外来の看護師は、処置をする医師の介助や患者への説明などが仕事になります。

自宅療養の指導・説明

外科外来の看護師の役割の3つ目は、自宅療養の指導や説明です。退院後に自宅療養をしている患者さんに、いつ頃からシャワーを浴びて良いのか、家事や運動はいつ頃からにすべきか、どんなことに注意して自宅療養をすれば良いのかなどを患者さんに指導します。

日帰り手術の対応

外科外来の看護師の役割の4つ目は、日帰り手術の対応です。病院にもよりますが、外科外来では日帰り手術をしているところがあります。

日帰り手術をする外科外来では、看護師は来院した患者さんに手術のスケジュールを説明したり、手術室へ案内したり、手術後の回復室での看護をしたりします。

日帰り手術をしている外科外来では、看護師はオペ前後の看護も仕事になるんですね。

外科外来の看護師の役割は、診療の補助、処置の介助、自宅療養の指導や悦明、日帰り手術の対応なんですね。

外科外来の看護師の2つのメリット

外科外来の看護師のメリットって何だろう?外科外来って、超大変そうなのに、何かメリットあるの?

外科外来の看護師のメリットは、幅広いスキルを身につけられること、精神的な負担が少ないことの2つです。

外来で働きつつも幅広いスキルを身につけられる

外科外来の看護師のメリットの1つ目は、外科で働きつつも、幅広いスキルを身につけられることです。

外科外来では診療の補助以外にも処置の介助をしたり、自宅療養の指導をしたり、オペ前後の看護をしたりと、看護師はいろいろな仕事をしなければいけません。

そのため、外来で働きつつも、病棟のように幅広いスキルを身につけることができるんです。

外科の看護をしつつも、精神的な負担は少ない

外科外来の看護師のメリットの2つ目は、精神的な負担が少ないことです。外科病棟だと重症な患者さんが多くて、いつも精神的に緊張しながら働くことになります。

オペ後の重症な患者さんの受け持ちをすると、体力的にも疲れるけど、精神的にも疲れるんだよね~。

でも、外来は病棟のような重症患者さんはいません。日帰りオペも、簡単な手術ですので、オペ後の看護とは言っても、病棟のように緊張することはないのです。

そのため、外科外来では外科の看護をしつつも、精神的な負担は少ないんです。

外科外来では、外来でも幅広いスキルを身につけられて、精神的に負担が少ない状態で働けるんですね!スキルアップしたい私にはピッタリの職場かもしれないわ!

外科外来の看護師の2つのデメリット

外科外来の看護師のデメリット。なんとなく想像がつくなぁ。忙しいことでしょ?外科病棟も忙しいけど、外来も忙しそうだもんね。

外科外来の看護師のデメリットは、忙しいことと割に合わないことの2つです。

とにかく忙しい

外科外来の看護師のデメリットの1つ目は、とにかく忙しいことです。外科外来は、とにかく忙しいんです。患者数は多いし、処置やら日帰りオペの対応やらで、いつもバタバタしています。

そのため、残業は多めだし、昼休憩をきちんと取れないこともあるんです。

割に合わないと思うことも

外科外来のデメリットの2つ目は、割に合わないと思うことがあることですね。

割に合わないってどういうことかしら?

先ほども説明しましたが、外科外来はほかの外来に比べて、とにかく忙しいんです。残業も多いですし、仕事内容も幅広いですよね。

でも、だからといって、外科外来手当がつくわけではなく、基本給はほかの外来と同じになります。もちろん、残業すればそれだけ時間外手当はつきますが、外科外来は忙しいからといって、その忙しさが給料に反映されるわけではないんです。

ヒェ~!外科外来は、忙しいのに給料は高いわけじゃないんだ!外科外来って、もしかしてブラックな職場じゃない?

外科外来の看護師求人を選ぶ時の3つの注意点

外科外来の看護師求人にはどんなものがあるのかな?どんなことに注意して、求人を選ぶと良いの?

外科外来の看護師求人を選ぶ時には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?外科外来の求人はたくさんあります。大学病院のような大規模な病院から個人病院まで、いろいろな種類の求人があります。

外科外来の看護師求人を選ぶ時の注意点を3つ確認しておきましょう。

求人を選ぶなら、どの規模の病院の外来にするか決めよう!

先ほども言いましたが、外科外来の求人を選ぶ時には、どの規模の病院の外来で働くかを決めましょう。

大規模病院は外科の中でも整形外科、消化器外科、呼吸器外科、脳神経外科などに細かく分かれています。また、小規模病院に比べると、給料や待遇が良い場合が多いですね。

それに対して小規模病院は、外科は一般外科としてひとまとめにされていることが多いですね。また、「脳神経外科病院」、「消化器外科病院」のように1つの診療科をメインに診療している病院もあります。

大規模病院で働くなら、外科の中でもどの診療科の外来で働きたいのかを決めておくと良いですし、小規模病院なら一般外科か単科病院のどちらが良いかを決めてから、求人選びをすると良いでしょう。

どのくらい忙しいかも求人選びの大切なポイント!

外科外来は忙しいところが多いですが、求人を選ぶときには、具体的にどのくらい忙しいのかを確認しておきましょう。

外科には興味はあるけれど、あまりに残業が多いと、保育園のお迎えに間に合わないわ。

外来で働きたい看護師さんは、ママさん看護師が多いので、外来なのに残業が多かったら、外来で働く意味がないですよね。

また、お昼休みもまともに取れないなら、毎日クタクタになってしまいますし、そんな過酷な状況では、仕事へのモチベーションを保てません。

そのため、残業時間はどのくらいか、どのくらい忙しいのかなどを確認して求人選びをしましょう。

日帰り手術はあるかどうかを調べて求人選びをしよう!

外科外来の求人を探すなら、日帰り手術はあるのかどうかも確認しておきましょう。日帰り手術がある外来では、看護師の業務範囲が広くなります。

外来でもオペ前・オペ後の看護がやりたいという人は、日帰り手術がある外科外来を選ぶべきですし、外来で働いてまでオペ前後の看護はやりたくないという人は、日帰り手術がない外科外来を選びましょう。

外科外来の求人は、病院の規模と忙しさ、日帰り手術の有無に注意して選ぶと良いんですね!
そもそも、外科外来には暇なところはないのかな?ないんだよね…。

まとめ

外科外来の看護師の役割、メリット・デメリット、求人選びのポイントをまとめました。

外科外来で働きたい人は、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、外科外来の求人をたくさん扱っています。

また、担当コンサルタントが配属交渉をしてくれますので、確実に外科外来に配属になりますし、外科の中でもどの診療科の外来で働くかを選ぶこともできるんです。

転職サイトランキングを見る